出版物のご紹介

国をすくった子どもたち

  • リスベート・ツヴェルガー 絵/イディス・ネズビット 作
  • 猪熊葉子 訳
  • 定価:本体1,600円(税別)
  • 34×21cm/24ページ/オールカラー
  • 全国学校図書館協議会選定図書
  • 日本図書館協会選定図書

“竜”なんておとぎ話のつくりごと、と思っているでしょう?ところが、ある日、国じゅうにみどり色の体をして、半透明の翼を持った竜が大量発生したのです。たとえ小さくてもちゃんと火を吐くし、大きいのときたら総理大臣を食べたり、新聞社の編集長をさらっていったり、もう国じゅうが大騒ぎ。そこで、ハリーとエフィの兄妹が、竜退治に乗り出します。

リスベート・ツヴェルガー「国をすくった子どもたち」の表紙 Out of print
  • 申し訳ございません。現在こちらの商品に関しては品切れ中です。

そもそも、この事件は、エフィの目になにやらごみがはいったことからはじまりました。目は、とてもいたみました。まるで赤い火花が目にはいったみたいに思われたのですが、おかしなことに、その火花には、はえみたいに足があり、はねがついていたのです。

(中略)

「こいつはおどろいた。」おとうさんはいいました。
「まったくおどろいたな! 四本の足は、かなりよく発達しとる。それに長い尾状附属肢か。とかげにそっくりな足ゆびが五本、長さはふぞろいだ。とかげに似ておるが、翼のごときものがみとめられる。」

おとうさんの目のまえで、ひまし油のなかの生き物は、ちょっとのたくりました。おとうさんはつづけました。

国をすくった子どもたち

お役所では、十時から二時まで、人々が役所にもってきたりゅうをしまつすることにしました。そして、週日には役所のまえに、りゅうの死がいをのせた、さまざまな大きさの荷車が、ずらりと長い列をつくって、順番をまっていました。

男の子たちは、手押し車にりゅうをのせてはこんできました。そして学校の帰り道に、子どもたちは、ランドセルだの、ハンケチづつみだののなかにいれてきた小さなりゅうを、役所において帰りました。

(中略)

こうやって、みんながりゅう退治にせいをだしているというのに、りゅうのかずはいっこうにへりませんでした。店ではりゅうとり薬だの、りゅう消毒せっけんだの、りゅうよけカーテンだのが売りだされました。こうやって人々は、できるかぎりの手をつくしました。

国をすくった子どもたち

作家のご紹介

抜群のデッサン力と洗練された色彩感覚が光る
リスベート・ツヴェルガー

国際的に最も高い評価を得ている絵本画家、リスベート・ツヴェルガー。その繊細かつ流麗な絵のタッチに加え、抜群のデッサン力と洗練された色彩感覚で、女性はもちろん男性からも多くの支持を得ています。

ツヴェルガーは、1954年にオーストリアのウィーンで版画家の娘として生まれました。小さな頃から絵を描いたり、本を読むのが好きだった彼女は、その後美術アカデミーで学び、23歳のときに『ふしぎな子』を出版。挿絵画家としてのデビューを果たしました。以後、おなじみのグリム童話やアンデルセン童話といった古典や、イギリス作家の童話をもとに意欲的に創作活動をしてきました。

1990年の国際アンデルセン賞受賞をはじめ、世界中で数々の賞を受賞しています。日本での人気も高く、さらなる活躍が期待されている作家です。

リスベート・ツヴェルガー

この作家の絵本

  • 「イソップ12の物語」の表紙
  • 「鼻のこびと」の表紙
  • 「ちいさなヘーヴェルマン」の表紙
  • 「アンデルセン コレクション」の表紙
  • 「クリスマスキャロル」の表紙
  • 「国をすくった子どもたち」の表紙

Page Top

Copyright © 2011 Taiheisha.Ltd All Rights Reserved.