出版物のご紹介

繊細な感受性と洗練されたユーモアセンスが光る
アンデルセン コレクション

  • リスベート・ツヴェルガー 絵/H.C.アンデルセン 作
  • 大畑末吉 訳/木村由利子 解説
  • 定価:本体2,816円(税別)
  • 34×22cm/67ページ/オールカラー
  • 産経児童出版文化賞推薦
  • 全国学校図書館協議会選定図書

子供たちにお話を聞かせて眠りにつかせる「眠りの精のオーレ・ルゲイエ」など8編のアンデルセン童話の世界を、気品ある落ち着いた色調で格調高く描きあげています。
ツヴェルガーとアンデルセンの幸せな出会いがつむぎだした鮮やかな色彩と奔放なイメージが絵本の隅々からあふれ出します。

この本を購入する

「眠りの精のオーレ・ルゲイエ」

世界じゅうで、眠りの精のオーレ・ルゲイエおじさんほど、たくさんお話を知っているものはありません——まったくいくらでもお話ができるんですよ!

(中略)

さて、子供たちが眠りますと、オーレおじさんはベッドの上にすわります。その服装はなかなかりっぱで、絹の上着なんかきこんでいるのです。けれども、その色は、はっきり言うことはできません。からだを動かすにつれて、緑いろに光ったり、赤や青に光ったりするのですもの。そして、両方の腕に1本ずつ、こうもりがさをかかえています。片方の、絵がかいてあるほうのは、よい子の上にひろげるかさです。そうすると、その子は、一晩じゅう、とても楽しいお話を夢に見ます。ところが、もう一つのかさには、何もかいてありません。これはお行儀のわるい子の上にひろげるのです。そうすると、その子は、まるでばかみたいに眠りこけてしまって、朝になって目がさめるまで、なんにも夢を見ることができないのです。

眠りの精のオーレ・ルゲイエ

「マッチ売りの少女」

「おばあさん!」と、少女はさけびました。「わたしをつれてってちょうだい! だって、わたし、知ってるわ。おばあさんは、マッチが消えると、いってしまうんでしょう。ちょうど、あのあたたかいストーブや、おいしそうな焼いたガチョウや、あの大きくて、すてきなクリスマスツリーのように!」

 ——そして、少女は大いそぎで、たばのなかの、残りのマッチをぜんぶこすりました。こうして、おばあさんをしっかりとひきとめておこうと思ったのです。マッチはとても明るく輝いて、あたりはま昼よりも、もっと明るくなりました。そして、この時ほど、おばあさんが美しく、大きく見えたことは、ありませんでした。おばあさんは小さい少女を腕にだきあげました。こうして、2人は光とよろこびとにつつまれて、高く高くのぼってゆきました。そこにはもう、寒いことも、おなかのすくことも、こわいこともありません。

——2人は神様のみもとに、召されたのです。

マッチ売りの少女

作家のご紹介

抜群のデッサン力と洗練された色彩感覚が光る
リスベート・ツヴェルガー

国際的に最も高い評価を得ている絵本画家、リスベート・ツヴェルガー。その繊細かつ流麗な絵のタッチに加え、抜群のデッサン力と洗練された色彩感覚で、女性はもちろん男性からも多くの支持を得ています。

ツヴェルガーは、1954年にオーストリアのウィーンで版画家の娘として生まれました。小さな頃から絵を描いたり、本を読むのが好きだった彼女は、その後美術アカデミーで学び、23歳のときに『ふしぎな子』を出版。挿絵画家としてのデビューを果たしました。以後、おなじみのグリム童話やアンデルセン童話といった古典や、イギリス作家の童話をもとに意欲的に創作活動をしてきました。

1990年の国際アンデルセン賞受賞をはじめ、世界中で数々の賞を受賞しています。日本での人気も高く、さらなる活躍が期待されている作家です。

リスベート・ツヴェルガー

この作家の絵本

  • 「イソップ12の物語」の表紙
  • 「鼻のこびと」の表紙
  • 「ちいさなヘーヴェルマン」の表紙
  • 「アンデルセン コレクション」の表紙
  • 「クリスマスキャロル」の表紙
  • 「国をすくった子どもたち」の表紙

Page Top

Copyright © 2011 Taiheisha.Ltd All Rights Reserved.