出版物のご紹介

クリスマス・キャロル

  • リスベート・ツヴェルガー 絵/チャールズ・ディケンズ 作
  • 吉田新一 訳
  • 定価:本体2,816円(税別)
  • 34×21cm/81ページ/オールカラー
  • 全国学校図書館協議会選定図書
  • 日本図書館協会選定図書

19世紀のロンドンの裏町。守銭奴で情け知らずの孤独な老人スクルージがイブの夜、次々に現れる過去・現在・未来の幽霊によって人間としてめざめていく姿が感動的に描かれています。クリスマスの精神を高らかに謳い上げた名作です。

リスベート・ツヴェルガー「クリスマス・キャロル」の表紙 Out of print
  • 申し訳ございません。現在こちらの商品に関しては品切れ中です。

いいえ、いまだって信じられません。スクルージは幽霊をくまなくじっと見つめて、たしかに自分の目の前にそれが立っているのを知りました。死人の冷たい目があたえるあのぞっとする感じをあじわいました。あごから頭にたたんでしばってあるハンカチ——そんなものは前には見たことがありませんでしたが——その布目がはっきりと見えました。でも、スクルージはやっぱりほんとうには信じられなくて、自分の目を疑っていました。

「よう! わたしになにか用か?」スクルージはあいかわらずかみつくように、冷ややかにいいました。

「おおありだ!」——まちがいなくマーレーの声でした。「おまえはだれだ?」「だれだった、ときいてくれ。」

クリスマス・キャロル

「幽霊さま!」スクルージは幽霊の服にとりすがってさけびました。「聞いてください! わたしはむかしのわたしじゃなくなりました。こうしてあなたがたとお会いしたおかげで、そうなるはずだった人間にはもうなりません。もし、わたしがまったく望みのない人間でしたら、どうしてわたしにこういうものを見せられたのですか?」

そのときはじめて、幽霊の手がゆれたように見えました。
「慈悲深い幽霊さま。」スクルージは、幽霊の前で地面にひれふしながらつづけました。
「あなたのやさしいお心は、わたしのためにとりなして、わたしをあわれんでくださいました。どうか、いままでお見せくださった影は、これから心を入れかえて生きていけば、変えられるとおっしゃってください!」

やさしい手が小さくふるえました。

クリスマス・キャロル

作家のご紹介

抜群のデッサン力と洗練された色彩感覚が光る
リスベート・ツヴェルガー

国際的に最も高い評価を得ている絵本画家、リスベート・ツヴェルガー。その繊細かつ流麗な絵のタッチに加え、抜群のデッサン力と洗練された色彩感覚で、女性はもちろん男性からも多くの支持を得ています。

ツヴェルガーは、1954年にオーストリアのウィーンで版画家の娘として生まれました。小さな頃から絵を描いたり、本を読むのが好きだった彼女は、その後美術アカデミーで学び、23歳のときに『ふしぎな子』を出版。挿絵画家としてのデビューを果たしました。以後、おなじみのグリム童話やアンデルセン童話といった古典や、イギリス作家の童話をもとに意欲的に創作活動をしてきました。

1990年の国際アンデルセン賞受賞をはじめ、世界中で数々の賞を受賞しています。日本での人気も高く、さらなる活躍が期待されている作家です。

リスベート・ツヴェルガー

この作家の絵本

  • 「イソップ12の物語」の表紙
  • 「鼻のこびと」の表紙
  • 「ちいさなヘーヴェルマン」の表紙
  • 「アンデルセン コレクション」の表紙
  • 「クリスマスキャロル」の表紙
  • 「国をすくった子どもたち」の表紙

Page Top

Copyright © 2011 Taiheisha.Ltd All Rights Reserved.