出版物のご紹介

丁寧に描かれたファッションや小道具も見どころ
鼻のこびと

  • リスベート・ツヴェルガー 絵/ヴィルヘルム・ハウフ 作
  • 池内紀 訳
  • 定価:本体2,400円(税別)
  • 28×23cm/47ページ/オールカラー
  • 日本図書館協会選定図書

わるい妖精にさらわれたヤーコプがいねむりから覚めると、7年が経過し、みにくいこびとの姿に変わっていた…。19世紀初頭を駆け抜けた夭折の作家ハウフの奇想天外で不思議な透明感に満ちたメルヘンの世界。物語の恐さとおかしさを、ツヴェルガーが繊細な感受性と洗練された表現力でみごとに描きあげています。

この本を購入する

「母さん、よく見てよ。息子のヤーコプじゃないか」
「あつかましいこびとじゃないか」

母親は、となりの女に声をかけた。「ごらんよ、前でうろちょろして、せっかくのお客をおっぱらっちまう。そのうえ、人の不幸をだしにするんだ。息子のヤーコプだなんて、なんてことをいうんだろう!」

まわりの女たちが立ちあがって、口ぎたなくののしりだした。——市場の女たちが、口さがないことは、あまねく天下に知られている。——かわいそうなハンネは、7年前に、かわいい息子をさらわれてしまった。その不幸をだしにやってくるとは、なにごとか。女たちは、いまにもつかみかかるように手をふりまわして、わめきたてた。

ヤーコプは、なにがどうなのか、さっぱりわからない。たしか今朝、いつものように母親と市場にやってきて、くだものをならべるのを手伝った。年とった女の荷をはこび、その家でスープをいただいて、少しのあいだ、いねむりをした。それから大いそぎでもどってきた。そのはずなのに、母も、まわりの女たちも、7年たったなどという。みっともないこびとだという。いったい、どうなったのだろう?

鼻のこびと

料理長の命じたとおり、すべてかまどの上に用意された。しかし、こびとには、かまどが高すぎる。鼻がようやく、届くぐらいだ。そこでいすをならべ、そこに大理石の板を置いた。

こびとが上にあがって料理をはじめた。まわりに円をつくって、料理人や、見習いの少年や、召し使いたちが見守っている。こびとの手先ときたら、目にもとまらぬほど早いのだ。すべてが手ぎわよくさばかれていく。つづいてこびとが命令した。ふたつのなべを火にかけろ。こちらがよしというまで煮立てること。そして、ひとつ、ふたつと数をかぞえはじめた。500をかぞえたとき、「とめろ」とさけんだ。なべが下ろされ、こびとが料理長に味見をすすめた。

見習いの少年が金のスプーンですくって、味見係の口にふくませ、それからスプーンを料理長に手わたした。料理長はもったいぶったしぐさでかまどに近づき、スプーンからひと口、のどに入れたとたん、目をとじた。

鼻のこびと

作家のご紹介

抜群のデッサン力と洗練された色彩感覚が光る
リスベート・ツヴェルガー

国際的に最も高い評価を得ている絵本画家、リスベート・ツヴェルガー。その繊細かつ流麗な絵のタッチに加え、抜群のデッサン力と洗練された色彩感覚で、女性はもちろん男性からも多くの支持を得ています。

ツヴェルガーは、1954年にオーストリアのウィーンで版画家の娘として生まれました。小さな頃から絵を描いたり、本を読むのが好きだった彼女は、その後美術アカデミーで学び、23歳のときに『ふしぎな子』を出版。挿絵画家としてのデビューを果たしました。以後、おなじみのグリム童話やアンデルセン童話といった古典や、イギリス作家の童話をもとに意欲的に創作活動をしてきました。

1990年の国際アンデルセン賞受賞をはじめ、世界中で数々の賞を受賞しています。日本での人気も高く、さらなる活躍が期待されている作家です。

リスベート・ツヴェルガー

この作家の絵本

  • 「イソップ12の物語」の表紙
  • 「鼻のこびと」の表紙
  • 「ちいさなヘーヴェルマン」の表紙
  • 「アンデルセン コレクション」の表紙
  • 「クリスマスキャロル」の表紙
  • 「国をすくった子どもたち」の表紙

Page Top

Copyright © 2011 Taiheisha.Ltd All Rights Reserved.