COLUMN コラム

社内報を発行する目的やメリットとは?

2022.06.10 社内報制作の基礎

社内報には会社が進む方向を明確にし、社員に伝える役割があります。

会社のさまざまな課題を解決するために社内報は発行されます。

誌面づくりの土台が発行目的

なぜ、多くの会社が社内報をつくっているのでしょうか。簡単に言えば、会社が抱える課題を解決するためです。経営方針の理解徹底や社員同士のコミュニケーション活性化など、会社によって課題はさまざまですが、これらを改善し、会社の経営をよりよくしていくために社内報というツールがあるのです。

社内報の発行目的というのは、会社の解決すべき課題そのものといえます。社内報を読んだ社員が意識や行動に変化を起こし、課題の解決に貢献。その結果、経営の改善につながっていく流れを生み出すのが、社内報の理想とする姿です。

発行目的は、誌面を編集していく上で大きな土台になります。発行目的を決めるときには、社内報担当者だけではなく、経営者にも加わってもらえるとよいでしょう。経営者が社内報に何を求めているのか聞いて、社内報の方向性(発行目的)をしっかり共有しておくことが大切です。

社内報の発行目的は、時代や経営環境に応じて変化していきます。今の発行目的が最善のものかどうか、定期的に見直すとよいでしょう。

編集方針って何?

編集方針とは、発行目的を実現するために編集のスタンスを示したものです。「コミュニケーションを活性化する(発行目的)ために多くの社員を掲載する」などが一例。誌面を見た社員(読者)がどう行動するか想像しながら決めましょう。

社内報の配布先は?

“社内”とはいうものの、社員以外に配っている会社も少なくありません。社員の家族をはじめ、取引先などのステークホルダーに配る会社も。発行目的に照らして柔軟に判断するのがよさそうですね。

社内報発行目的・メリットの例

1.経営理念・経営方針の周知

経営効率を高めるには、方針が広く社員に伝わることが不可欠です。粘り強く伝えていく必要があります。

2.コミュニケーションの活性化

大きい組織ほど部門間のコミュニケーション不足は深刻な課題。社内報で風通しをよくしましょう。

3.情報の共有

情報を分かりやすく編集して社内に広く伝えることは、社員たちの効果的な判断や行動につながります。

4.企業文化の継承と醸成

その会社ならではの伝統や、現在の組織の強みを社員が認識して行動すると、それが経営の武器となります。

5.社内の一体感をつくる

社員が互いに“ファミリー”としてつながる強い組織へ。グループ企業の発行目的に特に多く見られます。

社内報を発行する目的は、各企業の課題や目指すべき方向性によりさまざまです。自社にあった発行目的や編集方針を社内報制作の土台とし、社内報のメリットを最大限に引き出しましょう。

関連リンク

社内報担当1年生が読む本

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせやご相談をされたい方は、
お気軽にこちらのフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ

資料請求

当社会社案内、実績集などをご提供しています。
お気軽にご活用ください。

資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL : 03-3631-7194

平日9:00~18:00まで

Copyright © 2021Taiheisha.LtdAll Rights Reserved.